店舗内装を施す上でのポイント

お店のコンセプトに沿った内装

お店のコンセプトに沿った内装明るさの度合いで変わる照明の重要性お客様とスタッフの導線の工夫

街の中を含めてあらゆる場所に飲食店や非日常の雰囲気に浸れる店舗があるため営業している店舗の中には提供している物事や価格、料金などが非常に似ている事例が稀有ではなく、非常に似ている選択肢がある中で大勢のお客様に選択してもらったりより良い印象を持ってもらえるようにするには、店舗の中でいかにリラックスした気持ちで過ごせるのかが基準になります。
さらに、一般的な価格や料金よりも上回っていたとしても上質な時間が過ごせると判断してもらえた時には意識的に選択してもらえるようにもなるので、店舗内装はお店の経営はもちろん開店時やリフォーム時にも重要性が高い要素です。
しかも、今日においては個々が気軽に情報発信できる術が豊富なので、唯一無二の店舗内装に仕上げられると内装の様相がきっかけでより大勢の人達に周知されたり、繰り返し訪れてくれるファンが増やせます。
そのように店舗内装をする時には良い印象を持ってもらえる要素を詰め込むのではなく、対象の店で重きを置いているコンセプトに沿っている様子に仕上げるのが大事です。
そのため、働いているスタッフやお客様の関係性はもちろん、お客様同士も親しくコミュニケーションが取れるアットホームな雰囲気の店内にしたいのであれば調理スペースを奥に配置するのではなく、お客様の視界に入るオープンキッチンにするとより良いです。

こんにちは。

本日の #戸田 市は少し汗ばむ陽気です🌞#企業公式が毎朝地元の天気を言い合う

いよいよ店舗の #内装 工事がスタートしました👷‍♀️👷‍♂️
(邪魔になるので外からこそっと撮影)

コンセプトは【上品・爽やか・高級感】です!
完成が今から待ち遠しいです☺️#檜bms #パーソナルジム #北戸田 pic.twitter.com/Wq0MAGbkXb

— 檜 𝐡𝐢𝐧𝐨𝐤𝐢 𝐛𝐨𝐝𝐲 𝐦𝐚𝐤𝐞 𝐬𝐚𝐥𝐨𝐧 (@hinoki_bms) October 5, 2021