店舗内装を施す上でのポイント

明るさの度合いで変わる照明の重要性

株式会社エイケー / コスパ良く繁盛店をデザイン

また、店内にて過ごす時に手元を明るくする実用性と共に雰囲気作りにも欠かせないのが照明器具ですが、照明器具は明るさの度合いによってお客様の過ごし方などに大きく関係します。
店内の全体を明るくすると大勢のお客様に来店してもらえるようになる上に次々と出入りが発生して回転率が高まり、全体を暗めにするとじっくりと過ごす時間が長くなるので、1人が使用してくれる額が大きくなります。
そして、店舗内装を考えたり実行に移す時には重要性が高い物から順番に決めていくのも大切であり、理由は重要性が高くない物から決めていくと全体が整頓された様相にならなかったり、コンセプトが明瞭になりにくいためです。
同じく意識的に決めていかなければ整頓された印象になりにくい要素として挙げられるのが動線で、動線は店内を人々が移動する時に利用する通路なので、高い頻度で利用しなくても少なくとも出入りの際には誰もが利用する特徴から、意識的に設計しなければ全員に共通して移動が難しく印象を与えます。

お店のコンセプトに沿った内装明るさの度合いで変わる照明の重要性お客様とスタッフの導線の工夫