店舗内装を施す上でのポイント

お客様とスタッフの導線の工夫

店舗内装における動線を考える時にはお客様が歩く場所を思慮するのはもとより、働いているスタッフ達が歩く場所についても抜かりなく考えて設計するのが大事です。
スタッフは来店客を席まで案内する事から始まり、注文を取りに行ったり注文を受けたメニューを運びますし、お客様が食事を楽しんで退店した際には後片付けをすべく再び席に移動します。
1人もしくは1組の来店客に対して複数回にわたり店内を往復するので、移動に際する負担は小さな事であっても結果的に大きな事になる様子から、できるだけ負担を無くすべく動線はスタッフのみが利用する部分とお客様が利用する部分をきっちりと分けるなどの工夫も必要です。
店舗内装は施工をするお店の種類やコンセプトによって細やかに変化するのがポイントですが、スタイリッシュな雰囲気に仕上げたい時にはできるだけシンプルにすると良いです。
シンプルにする時には営業に際して必要な物を最小限用意する事に重きを置く事例が少なくないものの、実際に必要な物以外が存在していない状況下は一見して物足りない雰囲気を感じるきっかけにも繋がりやすいため、シンプルにするには厳選して1つのアイテムを選ぶようにし、派手ではなくても装飾などが施されていると尚良いです。

お店のコンセプトに沿った内装明るさの度合いで変わる照明の重要性お客様とスタッフの導線の工夫