キルギス共和国について


キルギス共和国は中央アジアの南東部に位置し、首都はビシュケクになります。

 

隣接している国々は、北はカザフスタン、東は中華人民共和国、南はタジキスタン、西はウズベキスタンなどがあります。

 

国土全体の40%が標高3000mを越え、東洋のスイスと比喩されるほど自然豊かな山岳地帯となっています。

 

気候は夏と冬の時期で寒暖の差が激しく、夏は40℃近くまで気温が上昇する日が多くあり、冬は-20℃に達する日もあります。

 

9月から雪が降り始め、5月頃が雪解けの時期となるため、日本と比べると冬の期間が長いのも特徴です。

 

元来より、郊外には大自然の中で遊牧民族が牧畜や農作業を行い、牛や羊、馬などと共に暮らしています。

 

遊牧民族は"ユルタ"と呼ばれる円形のテントを住居とし、このユルタを上空から見た形が国旗のデザインにも使われています。

 

近年では日本からの観光客の方は多く、世界遺産巡りや観光地巡り、伝統文化に触れるツアーなども行われています。

 

2014年にはキルギス共和国・カザフスタン・中華人民共和国が共同で申請を行い、【シルクロード:長安-天山回廊の交易路網】が世界遺産に登録されたことでは話題となりました。